人事評価(考課)制度

考課制度の前に

人事効果は、一定の期間を区切って従業員の業務における評価をして、昇給や賞与の金額を決定したり、昇進や昇格などの人事に反映させることを言います。しかし、これらの処遇についてはさらに別の評価区分が必要であり、人事効果と処遇のための評価は、あくまでも別の物であるということを認識しなければなりません。

人事効果は、その従業員の仕事ぶりや結果を考え、良い点は認め、良くない点を確認し、それを仕事に活用してより良い仕事をするように仕向けるために行うものです。 処遇のための評価は、人事効果で評価した結果を点数化することによって、その点数によって処遇上の評価段階を決めることです。

つまり、人事効果はあくまでも人材の育成と会社の業績を向上させるためのものであり、その結果を処遇にも利用するというものであって、従業員の処遇を判断するために人事考課を行うわけではないということをしっかりと認識しましょう。 ここで確実に人事効果と処遇の評価を切り離しておくことで、管理のための人事考課が十分に機能します。処遇のために人事効果を行っている限り、その人事制度は決して機能することはありません。

適切なタイミングで人事考課を行うことで、従業員の労働の動機付けや、会社の状況によっては危機感を醸成することができ、結果会社と従業員を成長させることができるのです。 そのためには、人事考課による従業員の陶製とともに、従業員が納得できる方法を用いることも重要になってきます。

ページのトップへ戻る